päivittäin kukka

  • twitter
  • facebook
  • instaglam
  • rss

20代にしておきたい17のこと

20代にしておきたい17のこと
20代にしておきたい17のこと

本屋さんで気になって手にとった『20代にしておきたい17のこと』(本田健著、大和書房)が面白かったので紹介します。

<スポンサーリンク>

さまざまなコトに悩み、迷う20代のヒントになる本だとおもいます。
ぜひ早いうちに読んでおきたい、そんな内容が詰まっているように感じます。

自分にとって、20代はいろいろ悩んでいるうち、一瞬にして過ぎていったという印象があります。当時の自分に行ってあげられることがあるとすれば、「心配しないで。きっと、人生はよくなるから」ということです。(はじめに-20代という「瞬間」より)

著者の体験や「経済的にも社会的にも成功して、いま幸せな人たち」また、いま人生が順調にいっていない人たちに聞いた話を紹介しています。重要な部分にふれた第一章「人生最大の失敗をする」を見てみましょう。最初からインパクトのある言葉。

1.失敗したことのない成功者はいない

著者は、20代のうちに絶対にやっておいたらいいコトとして「人生最大の失敗をする」ことだと考えています。人生の前半の20代ならば、いくらでも挽回ができます。リスクを恐れずに、何でも挑戦してみる。

2.いちばん歳を取っていると感じる「いま」

自分の好きなことを仕事にするか、安定した道を選ぶかで迷うコトは、永遠のテーマです。最初から順風満帆にいった人なんかいません。入り口ではなく、出口で勝負する。

3.ワクワクすることをやって、輝く

自分がワクワクしながら生きる人生は、おもしろいし、たのしい!目の前のワクワクすることをやってみることが、夢が生きられるかどうかの最初の一歩になる。

すぐに行動に移せるコトをが多く、悩み、迷う20代の大きなヒントになってくれるかもしれません。

装幀

いつものようにカバーをはずしたら、装幀がロジカルなデザインでおぉ!となりました。装幀は、鈴木成一デザイン室です。

20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)
本田 健
大和書房
売り上げランキング: 5,146

今日もこのブログを見に来てくださってありがとうございます。
本を読む時はカバーをはがして、外をながめてから読んでいます。

こちらの記事もよく読まれてます。