päivittäin kukka

  • twitter
  • facebook
  • instaglam
  • rss

99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

本屋さんで気になって手にとった『99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ』(河野英太郎著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)が勉強になったので紹介します。

<スポンサーリンク>

日頃行っている習慣を見直すのに役立つ本だとおもいます。
コンサルタントや営業に携わる人はすぐに生かせる内容のように感じます。

ただ、一つだけ超えなければいけない壁は、今までわれわれが重視してきた「まじめさ」に対する考え方を、少しだけ変える必要がある、という点です。それを「1%のコツ」という表現にこめました。(はじめに-今、この瞬間から誰でも実践できることがある!)

著者の大手の広告代理店、コンサルタント会社を通して、学び、体験したコトについて書かれています。第一章の「報連相のコツ」からをいくつか見てみましょう。

自信があるようにふるまう

誰もが一度はきいたことがある報告、連絡、相談(ホウレンソウ)をスムーズにするコツがあります。たとえば、報告をする前に「すみません、まだ準備不足なのですが」とか「うまく言えないのですが」というネガティブな言い訳をしてしまうコトは、ネガティブなコメントにつながっていきます。反対に「うまくまとまっていると思います」などポジティブな言葉からは同じ内容にかかわらずポジティブなコメントにつながっていきます。

これは人間が持っている「先入観」によるもので、心理学ではプライミング(呼び水)効果と言われるそうです。自分のネガティブな言葉からムダな時間や労力を生まないようにしましょう。

聞かれたことに答える

上司など質問を受けたら、質問者が一番に聞きたいことを話すようにしましょう。たとえば、「アポイントが取れたのか?」という質問を受けたら、「はい、取れました」か「いいえ、取れませんでした」から答えます。その後、必要であるようなら周辺情報を話すようにします。

言葉を揃える

上司やクライアントとのホウレンソウで「相手と言葉を揃える」ということは有効です。コミュニケーションを円滑にし、同じ言葉による相手との一体感が生まれます。

第3章の「メールのコツ」や第六章の「時間のコツ」などもすぐに仕事に取り入れられるコトが紹介されています。普段の仕事の習慣に悩みや、違和感を感じる人は手にとって実行してみると大きな変化を感じられるかもしれません。

99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
河野 英太郎
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 1,417

今日もこのブログを見に来てくださってありがとうございます。
心理学に少しキョウミがわきました。

こちらの記事もよく読まれてます。